カテゴリ

カテゴリ:ハワイ

ノースショア観光ツアー体験記 ガーリックシュリンプと天使の羽

カテゴリ:
26FA5DA8-1BB1-456E-AD77-D53583EF7FC7
ハワイ・オアフ島の見どころの一つに、サーフィンの聖地「ノースショア」があります。インスタ映えスポットが満載なのですが、車で1時間ほど走った島の北端にあるので、レンタカーが無いと行きづらいのが難点。

でも、左ハンドルなんて運転したことないし、標識は英語だし、ハワイで運転とか怖くてできない…。そこで、見どころを勝手に回ってくれる楽々のツアーに申し込むことにしました。

ノースショア半日ツアー

DSC_1456
我が家が申し込んだのはベルトラの「ノースショア(ハレイワ)観光 この木なんの木&ドールプランテーション、ダイヤモンドヘッド登頂ありなし選べる!鉄板ツアー<午前半日>」というもの。 一人55ドルだったので、7000円×3くらいですね。

山登りとかしたくないので、ダイヤモンドヘッドには登らないやつを選びました。朝8時にワイキキホテルアウトリガーの下に集合して、まずはダイアモンドヘッド(の入り口)へ。

路上で、ドーナツの人気店「マラサダ」のプレーン味を配られます。揚げたてアツアツのやつをナプキン一枚で渡されて、さすがアメリカは雑!って感じることができます。
DSC_1450
朝は小雨が降っていたのですが、日頃の行いが良かったんでしょう。空には虹がかかりました。
DSC_1451
ドーナツをもぐもぐしたら移動します。日立のCMでおなじみだった、「この木なんの木気になる木」ことモアナルアガーデンにやってきました。
DSC_1464
入場料5ドルはツアーに含まれてないので普通に払います。ここへ来る道すがら、この公園の地主さんが、この木の出演料を日立に高くふっかけすぎて、CMが打ち切りになったという心温まるお話をドライバー兼ガイドさんがしてくれました。こういう話が聞けるのもツアーならでは。
2421B623-A312-440B-99A2-FE333765BA46
20分くらいウロウロして、売店でお水買って、お手洗いを済ませたら出発です。木にも直接触れますけど、落書きとかしちゃダメですよ。
DSC_1468
ちょっと小腹が空いてきたタイミングで、パイナップルでお馴染みのドールプランテーションに到着します。
DSC_1491
日本人がたくさん来るんでしょうね。安心の日本語表示でパイナップルの歴史を学べます。
DSC_1476
ここでできるのは、パイナップルのアイスを食べるか、汽車に乗るか、巨大迷路に挑戦するかの3つ。
DSC_1474
小学校4年生の息子氏、とうぜん「迷路!」と言い出します。このツアーのドールプランテーションの滞在時間は25分ですが、迷路の標準クリア時間は45分。どう考えても脱出は不可能です。
DSC_1480
それでも大人8ドル、子ども6ドルを払って中に入ります。とにかく広い。それもそのはず。2008年に世界最大の迷路に認定されていて、全長4キロもあります。
DSC_1482
巨大なカタツムリもいますので、苦手な人は止めておいたほうがいいかも。
DSC_1486
8箇所のチェックポイントを周りきらないといけないのですが、それを無視してただゴールに向かえば15分くらいで出られるかも。途中でギブアップもできるので、集合時間に送れないようにしましょう。
DSC_1489

運が良ければウミガメに会えるらしい

DSC_1493
次に向かったのは、ウミガメに会えるというアリィビーチ。自然相手なので運が良ければ、ですけども…。(会えなかった)。
DSC_1495
アリィビーチをあとにして、サーファーの街、ハレイワタウンに到着しました。まずはインスタ映えスポットとして有名な「天使の羽」があるシェイブアイス屋「アナフルズ」に立ち寄ります。おっさんは映えませんが、女子大生のアナタならいいねが沢山もらえるはずです。
DSC_1502
サクッとツアーのみんなで撮影したら、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」でお馴染みの、ソープファクリーへ。もちろんお父さんが大好きなあのソープではなく、石鹸工場のソープです。家族でも安心。
DSC_1514
中はホントに石鹸の工場で、できたての生せっけんにスタンプを押してオリジナルを作ったりできます。
DSC_1520
ハンマーでガンガン!
DSC_1538
三村さんと大竹さんの顔です。
DSC_1541
お隣にコーヒー工場なんかもあって、試飲もできますよん。
DSC_1531

ノースショア名物ガーリックシュリンプ

DSC_1551
さあ、そろそろランチタイム。ノースショア名物のガーリックシュリンプをいただきます。超有名店の「カマロン」さんに到着しました。ランチもツアー代には含まれてないで、その場で支払いです。 DSC_1549
一つだいたい1500円。ハワイの物価からしたらこんなもんです。エビは高いですからね。 DSC_1548
屋台村みたいなところでいただきます。 運転ないからビールも飲めるぜひゃっほい。DSC_1562
味はめっちゃ美味しいのでぜひ。クリーミー。 DSC_1552
エビが苦手な方(アレルギーとかあるからね)は土日のみですがもう一つの名物「フリフリチキン」があります。 DSC_1570
レイズ(Ray's)というお店なのですが、ものすごい勢いで鳥の丸焼きを作っています。一羽全部食べちゃうのがアメリカン。 DSC_1573
お腹いっぱいになったところで、ハレイワタウンを自由散策します。サーフィンの街だけあって、サーフショップがたくさんありますね。かわいい。 DSC_1566

ノースショア名物「シェイブアイス」

002B571C-E551-44A5-AF3C-30D22387864F
ハレイワタウンといえば、かき氷が有名で「マツモトシェイブアイス」というお店がこちら。 DSC_1578
みんな七色のかき氷を食べていました。
DSC_1580
カメハメハ・バタフライと呼ばれるインスタ映えスポットもシェイブアイスのすぐそばにあります。小学生は背伸びしないと届かないw DSC_1587
僕はかき氷を食べると頭痛で死んじゃう体質なので、お向かいのオーガニックカフェでアイスコーヒーをゆったり飲みました。至福の時間。 8B1CAB32-49EB-43F9-A00B-34F440D1C239
70分ほど滞在してツアーは終了。ワイキキ市内まで来るまで戻ると14時ちょい。ここからもうひと遊びできるので、1日を有意義に使えます。我が家は一休みしてプールへ向かいました。ワイキキビーチから見る夕日は最高すぎた。 DSCN1750
僕のように運転に不安がある方、英語が苦手な方は、日本語ガイド付きのツアーが便利です。海外で交通事故とか絶対イヤですもんね…。

ハワイのオプショナルツアー予約ならVELTRA

ゴールデンウィークは混み合いますので、ハワイに行かれる方は早めの予約をおすすめします。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ

スポンサードリンク

ハワイでイルカと一緒に泳ぐ最後のチャンス!「イルカ大学」に参加してきた

カテゴリ:
DSCN1799
「イルカと一緒に泳いでみたい」。ハワイ旅行で息子の希望はただこれ一つ。しかも水族館やプールではなく、海で野生のイルカと泳ぎたいと言うのです。

そこで今回申し込んだツアーが「名門イルカ大学」。オプショナルツアーの「ベルトラ」で検索したところ、大人2名の予約で子どもが1人半額になるということで、3人家族のウチにピッタリでした。
スクリーンショット 2018-08-19 21.26.31



ロック・ア・フラはワイキキ最大のハワイアンショー!家族で楽しめる本格エンターテインメント

カテゴリ:
DSC_2129
せっかくハワイに来たならば、本場のフラダンスやファイヤーダンスを見ておきたいですよね。常磐ハワイアンセンターもいいけど、北関東より太平洋で見たいんだ!

ワイキキのど真ん中に750席のショーベース

ということでやってきたのはワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンター4Fに750席という本格的な劇場を構える「ロック・ア・フラ」。渋谷のO-WESTよりキャパ多いってなかなかのサイズですよ。
DSC_2147
ロック・ア・フラはなんと言っても好立地。泊まっていたシェラトン・ワイキキのすぐ横だし、ショッピングモールの中にあるし、さらにH.I.S.の真上という日本人には超安心の場所にあります。
DSC_2152

予算と時間で選べる4つのコース

スクリーンショット 2018-08-14 14.28.44
ロック・ア・フラには4コースあって、ショーだけを見るお手頃プラン「Rockin'Show(69ドル)」、ビュッフェ食事付きの「Luau(109ドル)」、コース料理とステージサイド席確約の「StagesideVIP(149ドル)」、楽屋裏ツアーもついてる最高級プラン「GreenRoom(185ドル)」となります。

コースによって集合時間も違うので、食事は他で食べてショーだけ見る、ゆっくり料理を食べてショーを満喫するなど、観光プランに合わせて選べるのがいいですね。

そして気が付きました? ホームページが日本語対応してるんです!安心感がぜんぜん違います。どのコースにどのオプションがあるとか、英語で書かれても僕にはわかりません(笑)。これなら町内会で行っても気軽に寄ることができます。

今回はたまたまハワイに行ったタイミングにプレスデーがあって、現地のアナウンサーさんにダメもとで依頼してもらったところ、なんと最高級プランの「GreenRoom」が取材OKに。

ああ…ブログ書いててよかった。

旅行会社の紹介ページの10倍のボリュームでお届けします。

会場に入る前から雰囲気作りは始まっている

会場に到着すると、ウクレレの生歌が聞こえてきて、すでに誰かが踊っています。さすがプレスデー!と思ったら、こちらは食事付きの3コースには全部ついている「ウエルカムフラ」。

南国リゾートの調べに、日本を脱出してよかった、帰ったら上司に辞表を叩きつけよう、と心が洗われていきます。
DSC_1677
GreenRoomプランは楽屋裏ツアーからスタートします。こちらは参加者に配布されるバックステージパス。ちょっと業界人になった気がしますね。(取材は関係なく、GreenRoomプランの特典です)。
DSC_1679
VIPは入り口も違います。さすが資本主義の国U.S.A。どっちかの夜は昼間。
DSC_1678
一歩入ればこれまたVIP扱い。満面の笑顔で「アロハ〜」とお出迎えです。
DSC_1685
壁にはいきなりのプレスリー。とっても少女革命ウテナっぽいんですが、ヤングのみんなには分からないかしらかしらご存知かしら?
DSC_1688
ロビーにはエルビス・プレスリーが実際に着た衣装や、
DSC_1695
マイケル・ジャクソンが使用したタオル、
DSC_1698
様々なロックスターがハワイ公演に来たときの貴重なアイテムが飾られています。
DSC_1703
ロビーを抜けたら関係者入り口へ。「ほんとに入れちゃうんだ感」がすごいです。出演者のリアルロッカールームはこの通り。扉を開けたらプレイボーイのグラビアとフットボール時代の写真が貼ってあるのでしょうか。
DSC_1750
ステージ裏には所狭しと衣装が並んでいます。国内でここまで見せてくれる劇場はそうそうないんじゃないかな。
DSC_1713
こんなセクシーな衣装も山積み。さわっちゃダメですよ!
DSC_1745
特効用の扇風機。ドライアイスでスモーク出すのかな。
DSC_1720
本番用のマイク。しっかり名前入りです。PAでもやらない限りなかなか見られるもんじゃありません。
DSC_1749
舞台装置はテンション上がりますよねー。根っからの裏方気質です。
DSC_1747
こちらは楽屋裏ツアーを案内してくれる劇場の偉い人。残念ながら説明は全部英語ですが、なんとなーく雰囲気で理解しましょう。中高大で10年習った英語が少しは役に立つはずです。
DSC_1735
そんな中、「お前、つけてみるか」と渡された本物の衣装。ライオンキングのやつだ!
DSC_1740
「トライしてピクチャーすればいいさ」的なことを言ってくれたのでパシャリ。みんなで撮影タイム開始です。
DSC_1737
楽屋の次はなんとステージへ。
DSC_1728
ディレクターという職業柄、楽屋へご挨拶に行くことはままありますが、舞台の上に立つことは舞台監督をやるときしかないので、久々の緊張感。
DSC_1725
ここでも記念撮影ができちゃいます。プライスレス。
DSC_1732
ステージからの客席はめったに見られない景色。エンタメ業界以外の人には貴重な経験になるのではないでしょうか。
DSC_1710

GreenRoomでセレブ体験

ステージを見て回ったあとは「GreenRoom」というところに向かいます。
DSC_1751
すごいセレブな部屋に通されました!GreenRoomを直訳すると「楽屋」ですが、前室というか、VIPゲストが出演者に挨拶しに来る部屋みたいなところだそうです。
DSC_1752
ドリンクもセレブ。こういうのが大人だよ!
DSC_1761
GreenRoomだけに、メロンリキュールの「MIDORI」を使ったカクテルが振る舞われます。
DSC_1763
おつまみもセレブ…。偉い人にくっついてパーティに行ったときの感じや。
DSC_1753
お部屋には綺麗なオネーサンも。このときはまだ理解してなかったんですが、お二人とも出演者で、赤いお姉さんはスターの一人。その日によって違いますが、出演者にここで会えちゃうわけですね。
DSC_1769
2ショット撮影すると、あとで写真パネルがもらえます。なにこの昭和の海外旅行感!高度経済成長期ですか。
DSC_1803
この部屋はエルビス・プレスリーの楽屋を再現したものだそうです。プレスリーはハワイ好きだったため、シャンデリアがパイナップルだったんですって。シャレオツ。
DSC_1768
さらにフルーツいかが?なんて言われちゃったりするわけですよ。気分は叶姉妹。
DSC_1758
いやー、セレブ。超セレブ。一人185ドルの力を思い知りました。カクテルをグビグビ飲んだら「楽屋裏ツアー」は終了です。いい経験だった…。
DSC_1754

ステージ前の特等席でリッチな食事に舌鼓

ツアーの後はお食事タイム。ステージ前の特等席が用意されていました。これもGreenRoomプランの特権です。
DSC_1815
メニューは安心の日本語!プランにドリンクも含まれているので、選びたい放題となっております。(おかわりは有料)。
20180808_052919320_iOS
南国っぽく、ラバーフローでいってみましょう!
20180808_052922977_iOS
うえーい、めっちゃリゾート!横にあるのは嫁のブルーハワイです。
DSC_1781
ここからのタイムスケジュール。ディナータイムはたっぷり90分あるので、館内見学も楽しめます。
20180808_052958971_iOS
まずはでっかいロブスター!
DSC_1773
どうやって食べるんだこれ…と思っていたら、お兄さんがガシガシ解体してくれる!
DSC04975
うひょー!身がたっぷり!!
DSC04983
メインはテンダーロイン(ヒレ)ステーキにサーモン。肉もシーフードも一度に楽しんじゃうという贅沢三昧。
DSC_1804
荒っぽいアメリカのステーキかと思ったら柔らかっ!子どももお年寄りも大喜びですよこれは。
DSC_1806
ココナッツとパイナップルのアイスで〆。コーヒーも来ます。現地メディアの皆さんから「ここの食事は美味しいから期待しておけ」と言われていたんですが、確かに美味しい。レストラン単体として十分にイケてます。149ドルのコースでもこの食事なので、食事なしの69ドルコースと比べると、80ドルプラスで席も良くなるならアリだなー。
DSC_1810
そしてお料理を持ってきてくれたり、ドリンクをサーブしてくれる店員さんが実はダンサーだったりして、「あれ、さっきのお姉ちゃんがセクシー衣装で踊ってる!」みたいな興奮を味わえます。

店員さんの顔を覚えておくといいですよ。

子どもには「宝探しツアー」のサービスも

さらに特別イベントとして、子どもには館内宝探しツアーが用意されていました。
DSC_1796
地図は日本語ですが、ツアー案内は全力で英語!でもこれが逆に良くて、言葉の通じない外国人とどうやってコミュニケーションを取るか、息子には夏休みのいい経験になったみたいです。
DSC_1801

豪華ハワイアンショーの幕開け

時刻は夜8時。さあ、お待たせしました。ショーの開幕です!1920年代から現代までのハワイを、音楽とダンスを通じて表現していくそう。楽しみ!
DSC_1818
ハワイアンが流れ初めたと思ったらいきなり上空から人が振ってきた! つかみが乱暴ですが客席のボルテージが一気に上がります。こんなアクロバティックなのかよ(笑)。
DSC_1821
1920年。およそ100年前のハワイはどんな感じだったのでしょうか。
DSC_1829
綺麗なオネーサンいっぱい出てきたー!
DSC_1831
当時はこんな衣装だったんですね。民俗史の勉強にもなります。
DSC_1835
さっき記念撮影したお姉さん、めっちゃ歌上手い。ここで歌手の人だったんだと気がついたんですけど。
DSC_1845
うーんトロピカル。異国情緒満喫です。
DSC_1862
ステージと客席、こんなに広いんですよ。たしかにこれは750人入るわな。
DSC_1876
あらやだイケメン。さっきキッズツアーをやってくれていたお姉さんも踊ってる。
DSC_1898
演奏はもちろん生バンド。最高です。
DSC_1896
ステージ下にもダンサーがどんどん降りてきます。
DSC_1901
思わず1000円札をはさみたくなりますが自重しましょう。
DSC_1920
高露出のイケメンもがんがん登場して、お父さんもお母さんも眼福なステージ。布なんていらない!
DSC_2025
ムッキムキ!
DSC_2123
パツキンいえーい!
DSC_1905
この距離で歌ってくれるってすごくないですか。まさに砂かぶり。 DSC_1867

トリビュートアーティストのディナーショー!?

そしてここからが本番!トリビュートアーティスト、エルビス・プレスリーのショーが始まりました。
DSC_1949
客席に降りて一人ひとりと握手。完全にディナーショーwww
DSC_1952
歌いながら2階席も回っちゃうよ!
DSC_1961
マダムには大サービス!これはハワイの氷川きよしや!
DSC_1957
完璧にプレスリーに見えてきた!かっこいいぞ!
DSC_1970
続いてはマイケル・ジャクソン!キング・オブ・ポップ!
DSC_1983
遠目に見ればマイケル!ハワイのマイケル!
DSC_2002
スリラーではゾンビもいっぱい出てくるぞ!アルバム6500万枚のギネス記録は伊達じゃない。
DSC_2007
ライオンキングとコラボもしちゃう。この頭飾りは先程楽屋裏ツアーでかぶらせてもらったやつだ。
DSC_2024
そしてビリー・ジーン。マイケルは鉄板。
DSC_2036

クライマックスはファイヤーダンス!

あー、楽しかった、なんて思っていたら、立ち上る炎!ここからがクライマックス!!
DSC_2041
ガチのファイヤーダンスが始まりました。お兄さん、なぜか素手で炎をつかみまくります!
DSC_2044
うおー、グルグルまわってる!初めて本物見た!
DSC_2053
まさに「ど迫力」。
DSC_2061
全く意味がわからないけど、素足で炎を回しております。おかしいでしょ。
DSC_2082
最後はダブル!すげー!ハワイすげー!!最高のパフォーマンスをありがとうお兄さん。
DSC_2094

そしてフィナーレへ

最後は全ダンサーそろってのトラディショナルなダンス。
DSC_2113
プレスリーもマイケルも参加してなんでもありの大団円。ショーだけなら69ドル。全然あり!
DSC_2130
ステージは写真撮影OK(フラッシュと動画は不可)なので、ちょっとした望遠があればイケメンも美人のお姉ちゃんもプレスリーもマイケルも取り放題!カメラをお忘れなく。

ちなみに今日の写真は便利ズームのタムロン16-300mmで撮影。そんなに明るいレンズじゃないんですが、ISO6400まで上げればぜんぜん撮れちゃいます。取材の友よ。

DSC_2136
終演後は記念撮影タイム。マイケルと触れ合ったり、
DSC_2140
プレスリーと写真を撮ったりできちゃいます。インスタに載せよう。
DSC_2144
他にも出演者みんなと撮影できるので、お気に入りを探しておくと吉。うちの息子はファイヤーダンスのお兄さんがすげえって言って撮影してもらってました。これもコース代金に入ってますのでご安心を。

家族みんなで楽しめるハワイアンショー

DSC_1941
老若男女楽しめる、とはよく言いますが、ロック・ア・フラはまさにそんな感じ。プレスリーの曲は40代の僕に馴染みはないけど、シニア世代に刺さるだろうし、マイケルの楽曲は鉄板。ディナーショー要素にイケメンの筋骨隆々ボディでお母さんはときめき、お父さんはたわわなハワイ美女に鼻の下伸ばし放題。子どもたちは生のファイヤーショーの迫力に圧倒され、キッズツアーで英語のお勉強。家族みんなが満足できるのはありがたいですね。

4つのコース設定でお財布と相談できるのもいいと思いました。ロイヤルハワイアンセンターの下のフロアはフードコートなので、お金のない学生や若手OLの旅行だったら下でサブウエイとかハンバーガーでも食べてショーだけ見ればいいし、楽屋裏ツアーはいいや、食事はビュッフェがいいや、と選択肢があるのはとても親切。

繰り返しになりますが会場を一歩出ればショッピングモール。夜でも安心ですし、次の予定も入れやすいので、この立地をロック・ア・フラはもっとPRすべき。治安のいいハワイとはいえ、子ども連れて夜道歩くのイヤですもん。
DSC_2146
2018年9月30日までは「夏の子ども無料スペシャル」をやっていて、Luau(ビュッフェ)プラン大人1枚につき子ども1枚(66ドル)が無料になるので、これからハワイに行くご家族は是非どうぞ。

旅行サイト「ベルトラ」経由だと、10%OFFになるので更にお得です。
スクリーンショット 2018-08-17 14.52.47

予約はこちらから→ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA

ロック・ア・フラ公式ホームページ(日本語)

取材をコーディネートしてくれたハワイのみなさん、マハロ! 激楽しかったです!!



=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ



ハワイで使えるSIMカードは事前にAmazonで買っておこう

カテゴリ:
ハワイ旅行の前に準備しておくものがいろいろありますが、最も大切なのがスマホの通信環境ですよね。海外旅行もグーグルマップさえあればなんとかなっちゃう時代、とにかく電波が必要なわけです。

そこで今回、出国前にAmazonでポチったのが「READY SIM」。
DSC04621




大韓航空でハワイに行ってきた!エコノミーの機内食はビビンバが美味しい

カテゴリ:
アローーーーハ! たのっちです。
ハワイ
今年の夏はハワイでしょ!ということで、H.I.S.のツアーで家族3人ワイハに行ってきました。



このページのトップヘ

見出し画像
×