タグ

タグ:ダイソン

ダイソンのバッテリーを取り替えたら新品同様に復活した件

DSC06795
ダイソンのハンディクリーナー「dyson V6 trigger」を長年使っているのですが、バッテリーの持続時間がだいぶ短くなってきまして、最近では5分くらいで止まってしまうようになってしまいました。

以前、ルンバも同じようなことになり、サードパーティのバッテリーに変えたら元気いっぱいになったので、ダイソンもバッテリー交換できるかなと調べたら、簡単にできるとのこと。早速アマゾンでポチったバッテリーが届いたので、交換していきますね。
DSC06798

純正より安いサードパーティで十分

購入したバッテリーはこちら。4000円で1年保証のあるやつにしました。

DSC06799
めっちゃ中国メーカーなんですが、日本人用だからカードも和風にしとけっていう発想が安易で好感が持てます。ひな祭りは年中やってないんですけどね。
DSC06801
いまや安心と信頼のメイド・イン・チャイナ。日本語がちゃんと合ってます。
DSC06800
取って付けたような充電ランプ付き。では取り付けに入りましょう。

ネジが固くて苦戦

DSC06797
バッテリー交換にはプラスのドライバーが1本必要です。
DSC06802
ハンドルの後ろ側に一箇所。

DSC06803
赤い取り付けレバーのしたに一箇所ネジがあります。
DSC06804
ハンドルのネジはすぐに回ったのですが、付け根のネジが硬い!精密ドライバーではびくともせず、ネジ穴を潰してしまいそうだったので止めました。
DSC06805
買っててよかった電動ドライバー。家具の組み立てには必需品ですが、こんなときにも役立ちます。
DSC06806
ぎょりんぎょりんぎょりん!回りました!固く締めすぎだろ…。
DSC06808
無事に交換完了。3分でできると思います。無事に充電ランプも点灯!

交換したバッテリーで家中を掃除します。ハイパワーモードで床から天井の換気口からタンスの溝まで、吸っても吸っても止まりません。V6純正のバッテリーは2100mAhで、交換したバッテリーは3000mAh。そりゃ持続時間伸びますよね。

ダイソンの最新モデルはV11。V6はもうだいぶ古いモデルですが、性能に不満はありません。マキタのハンディクリーナーの2倍くらい吸ってくれます。バッテリーの時間も伸びて、当分新しいダイソンを買うことはなさそうです(欲しいけど)。

ダイソンのバッテリーは簡単に交換できますので、ぜひ値段の安いサードパーティで選んでみてはいかがでしょうか。

さあ、掃除するぞ!



=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ

スポンサードリンク

マキタの掃除機が家にやってきたのでダイソンと比較してみた

カテゴリ:
こんにちは。休日は掃除で一日が終わっていく40歳です。そんな我が家に新兵器、マキタのハンディクリーナー「CL107」がやってきました。
DSC03985



自腹で買ったダイソンのハンディクリーナー「Dyson V6 Trigger」が想像以上だった

カテゴリ:
ダイソン。「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」
20160711_024747745_iOS
ダイソンといえば発表会に呼ばれると帰りにその製品がもらえちゃって、ウハウハでみんなが記事を書いたり書かなかったりする、言わずと知れた掃除機メーカーです。

創業者のジェームズ・ダイソン氏がイギリスのEU離脱を支持したことでも話題になりましたね。後悔先に立たず。20160710_123636273_iOS
そのダイソンのハンディクリーナーを自腹で買ったので、好き放題レポートするよ!


このページのトップヘ

見出し画像
×