カテゴリ

カテゴリ:グルメ

【悲報】やきそばが名物の五反田「後楽そば」コロナの影響で12月14日に閉店

カテゴリ:
R0002142
悲しいお知らせです。五反田のガード下にある「後楽そば」が、2020年12月14日をもって閉店することになりました。

後楽そばは僕が子どもの頃から有楽町にあって、職場のニッポン放送がお台場から有楽町に引っ越してからは、夜中の3時でも4時でも、温かいやきそばをADに食べさせてくれる、ラジオマンの憩いの場でした。

JRの耐震工事に伴い、有楽町の後楽そばは2016年5月27日をもって閉店。その後2018年に五反田駅で奇跡の復活を果たし、当時は大喜びしたものですが、今度こそ本当にあの焼きそばがもう食べられなくなってしまうなんて…。

「新型コロナウイルスの等の影響により閉店」と張り出されていましたが、いま日本中で飲食店の閉店が相次いでおり、普段お金を落としていなかった僕のようなやつがこうやって騒ぐわけです。「大好きだったのに残念だ」と。

ですので、お気に入りのお店がある方は、マスク消毒完全防備で誰とも会話せず1人で頑張って通って下さい。推しは推せるうちにです。

五反田駅ガード下で食べ納め

R0002138
食べ納めに五反田までやってきました。2020年、コロナ禍になってから初めての後楽そばです。
R0002139
後楽そばと言えば、目の前の鉄板に炒め続けているやきそば。AD時代に胃袋を支えてくれた青春の味なわけです。
R0002158
やきそばを頼む時に、トッピングをするとスープがついてくるのがポイント。僕はいつもコロッケを乗せていました。
R0002157
ちょうど鉄板で作り始めたところに当たりました。ひき肉を使うのが後楽そばのやきそばです。
R0002147
香ばしいソースの香りと共に、やきそばがやってきました。ああ、懐かしい。
R0002148
トッピングは当然コロッケ。ほら、スープついてきたでしょ。そばだしだよ。
R0002150
これだ。ソースにひき肉から出た脂の甘みがからんで実に美味い。これが後楽のやきそばだよ。
R0002153
コロッケを乗せてさらに追いソース。
R0002149
そしてここに取り放題のネギをぶちかまします。
R0002154
このビジュアルが後楽そばのやきそばじゃー!!
R0002160
店内にも閉店の張り紙。うん。この味忘れないよ。

ラジオと共にあった後楽そば

R0002156
店内でずっと鳴っていたラジオ。ニッポン放送の洗川アナウンサーが復活記念で贈ったものだとか。
S__149299202
他局がずっと流れていたのは聞かなかったことにしておきましょう。このご時世ラジオが流れてるだけでもありがたいんです。
R0002166
ありがとう後楽そば。20代のADだった僕も43歳のおじさんになりました。
R0002162
やきそばは食べたいけどコロナが心配というアナタ、安心して下さい、テイクアウトもありますよ。
R0002161
親父の青春の味を息子に伝えるべく、大盛りを買って帰りました。
R0002163
このやきそばが食べられるのもあとわずか。定休日はありませんが、24時間営業ではないのでお気をつけ下さい。

ありがとう後楽そば。これからの人生、屋台でやきそばを買うたびにきっとこの店の味を思い出すことでしょう。

さらば。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ

スポンサードリンク

入谷「割烹さいとう」のデカ盛り海鮮丼がテイクアウト可に!オマケもついてすごかった

カテゴリ:
20200701_042656925_iOS
皆さんこんにちは。

ウィズコロナ時代のグルメはテイクアウトが主体となりそうですが、東京下町あさがお市で有名な入谷に「割烹さいとう」というデカ盛り海鮮丼の有名店があります。 ランチには行列必至の人気店なのですが、なんとテイクアウトで海鮮丼が買えるようになったのです。

1000円以下で衝撃のボリューム

20200701_042032075_iOS
こちらがテイクアウトした海鮮丼(並)。割烹さいとうさんは魚屋さんが経営しているため、お店の横に魚屋さんが併設されています。そこで並ばず海鮮丼が買えるというわけ。

20200701_042054380_iOS
見てくださいこのボリューム。刺身盛り合わせにも程があります。

20200701_042059339_iOS
マグロとエビは握り寿司。さいとうさんの海鮮丼は、上に握り寿司が乗るのが特徴なのですが、それもしっかり再現されています。
20200701_042121991_iOS
さすが魚屋さん。中落ちの鮮度が違います。
20200701_042129817_iOS
カツオのたたきのこのツヤ。
20200701_042139309_iOS
サバにハマチにサーモンに、えらいことになっています。
20200701_042429145_iOS
それでは、酢飯の上に乗せていきますか…。
20200701_042656925_iOS
ドーーン!!
とんでもないボリューム。これで並ですからね。大盛り頼んだらやばかったな。

新鮮すぎて多すぎて震える

20200701_043014820_iOS
では早速いただきましょう。ランチなのでノンアルです。 20200701_042843971_iOS
タイ。プリップリ。 20200701_042907141_iOS
シメサバ。これはお酒が欲しくなる。 20200701_042922443_iOS
マグロの握り。幸せ。 20200701_043040741_iOS
カツオも焼き目が香ばしい。 20200701_043105528_iOS
サーモンは脂たっぷり。 20200701_043117837_iOS
ハマチもとろけます。 20200701_043128481_iOS
タコも味が濃い。 20200701_043142081_iOS
そしてエビの握り。

食べても食べても具が減らない

20200701_043158818_iOS
1ネタにつき3切れずつくらい乗っているので、一周したくらいでは米が見えてきませんwこれ、女性の方は最初から2食分に分けたほうがいいかも。 20200701_043236381_iOS
中落ちにワサビを混ぜたら、もう回転寿司のネギトロは食べられない。 20200701_043904045_iOS
たはーーーー、完食!満腹!ごちそうさまでした!!

さらにオマケがすごかった

20200701_042239754_iOS
そしてなんと、海鮮丼を買って帰る時に「好きなアラ持っていっていいですよ」と驚きのサービス。身がたっぷりついているシャケをもらってきました。夕食は鍋にしようかな…。

至れり尽くせりの「割烹さいとう」。日比谷線入谷駅から徒歩2分ほどです。ぜひ。

お店データ

住所:台東区下谷2-9-7
営業時間
11:30〜14:00
17:00〜21:00(L.O.)
定休日
日曜・祝日



表参道「M.Nature」がコロナで閉店の危機!秒で支援したけどリターンがお得すぎて心配な件

カテゴリ:
新型コロナウイルス、最初の波はなんとか過ぎましたが、「新しい生活様式」が浸透するまで油断は禁物です。
b5f03073
そんな中、表参道の青山学院大学のすぐそばにあるカフェレストラン「M.Nature」がクラウドファンディングで支援を募っています。


東京都からの自粛要請でお店はしばらくお休みしており、経営がピンチとのこと。


吉野家の「ねぎだく牛丼」が詐欺すぎる件

カテゴリ:
世の中に許せないものってありますよね。僕はどうしても許せないものが2つあって、

マクドナルドのチーズバーガー2個(140円×2=280円)より高いダブルチーズバーガー(340円)と、吉野家の並2杯(760円)より量が少ないのに高い超特盛(780円)です。

エンドユーザーをコスト計算できない情弱扱いして馬鹿にしている企業はITだろうが飲食だろうが腹が立って仕方ないのですが、3つ目に許せないものに出会ってしまいました。

それが、吉野家の新商品、ねぎだく牛丼です。

並盛りの5倍のたまねぎ!という触れ込みなのですが。出てきたのがこちら。
20200111_071813000_iOS
いや、ちょっと玉ねぎ多いだけじゃん…。

このねぎだく牛丼、レシートを見ればわかるのですが、並盛りに玉ねぎのトッピングがされているだけです。 20200111_072006000_iOS
スマートニュースの30円引きクーポンを使っても、この割高感はたまりません。 玉ねぎ一握り増えただけで100円。オペレーションを変えずに客単価上げようっていう魂胆が腹たちます。
20200111_071850000_iOS
この量の玉ねぎの原価いくらだよ…。

ちなみに、アタマの大盛り(+100円)をすると、肉が15グラムくらい増えます。牛皿は90グラムで330円なので、これもめちゃくちゃ割高です。頼んではいけません。

騙された感しか残らなかった吉野家のねぎだく牛丼。

どうにかして利益率上げてやろうという姿勢が本当に嫌いですね。


=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ



浅草 カレー南蛮の名店「翁そば」であえて「きつねとじ」を食べる地元民

カテゴリ:
IMG_9230
「きつねとじ」そばって珍しいメニューですよね。たとえカレー南蛮が名物のお店だったとしても、頼まなかったらきっと後悔する、そう思ってチョイスしたんです。

カレー南蛮をスルーする勇気

ここは台東区浅草。東京を代表する観光地の一つですが、今日はザ・下町なお蕎麦屋さん「翁そば」にやってきました。
IMG_9240
こちらの名物は「カレー南蛮」。 650円というリーズナブルさもあって、修学旅行生にも大人気のメニューです。IMG_9236
翁そばはレトロで昭和感満載だけど禁煙。ここはしっかり令和ですね。安心して入れます。
IMG_9237
さあこちらが「きつねとじ」。甘いお揚げが卵とじされていて、実に優しいお味。なんでこれ富士そばにないんだろ。
IMG_9234
営業時間はお昼11時45分から。開店前は行列がすごいです。2周目を狙うか14時頃がおすすめ。
IMG_9239
浅草観光のお供に是非どうぞ。藪そばとはちがった庶民の味をお楽しみください。
IMG_9241

お店データ

翁そば
・東京都台東区浅草2-5-3
・営業時間:11:45〜15:00/16:30〜19:30
・定休:日曜日


このページのトップヘ

見出し画像
×