スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC_3752
都内を走る路面電車、都電荒川線(東京さくらトラム)。早稲田駅から三ノ輪橋駅を結ぶ12.2kmのチンチン電車ですが、この都電荒川線を一両まるごと手軽な料金で貸し切れるってご存知でしたか?
都電の車両を1両まるまる貸し切ることができます。グループでの小さな旅や遠足の移動など用途は色々。映画やドラマ等の撮影は数知れず。そのほか音楽会や演劇などにも使われています。- 都電の貸切について|東京都交通局

今回はYouTubeで好評配信中の「野中藍ラリルれ、エブリバディ。」で貸切ロケをやってきたのですが、遠足でも撮影会でも、誰でも自由に電車をまるごと借りることができます。


むしろ、番組ロケだと広報局に企画書を提出したりしなければならないので、一般の方が普通に借りるほうが圧倒的に楽チンです。

手頃な価格で電車貸切

DSC_3753
電車の貸切は、片道13,820円。始発の早稲田から終点の三ノ輪まで乗れば56分の電車旅を一人占めすることができます。ただし、番組などの撮影を伴う場合は、荒川車庫前からの出発になるので、片道だと撮れ高的にちょっと短いかもです。

そのためラリルれでは、荒川車庫前〜早稲田(折返し)〜三ノ輪橋というルートで往復しました。往復料金で27640円。
DSC_3751
ということでスタッフは荒川車庫前に集合。車庫に入れるので、くっそテンション上がります。 DSC05301
走ってくれる車両も選ぶことができます。僕はそんなに鉄道に詳しくないのですが、レトロな9001系を選ばせてもらいました。 スクリーンショット 2019-01-17 17.16.43
サクラ大戦みたいな子がヘッドマークに。 さくらトラムだからでしょうか。DSC_3806

本物の計器にテンションMAX

それでは都電荒川線に乗り込みましょう!男の子は絶対好きな運転席です。 DSC05291
モノホンなので触っちゃダメですよ。動きますからね。 DSC05296
このレトロ感がたまりません。
DSC05297
デジタル計器じゃない良さを存分に堪能しましょう。
DSC05298
運転手さん、今日は1日よろしくお願いいたします!
DSC_3819
出発進行!丸い窓がかわいいです。
DSC_3910
貸切なので、いろいろな楽しみ方ができますが、堂々と三脚をセットできるのはいいですね。「都電の車窓から」撮り放題です。
DSC05287
ロケ中はこんな感じ。ほんとに誰もいません。
DSC_3834
貸切車両もダイヤに組み込まれるので、各駅にはしっかり止まります。(ただし、ドアは開きません)
DSC_3837

貸切なのでTikTokやってみた

せっかくのチャンスだったので、野中さんに踊っていただきました。ヤダかわいい。あっという間に27万回再生とかされて、TikTokの力を感じましたね…。



往復貸切のおかげでわりと余裕もあったので、のんびり大人の休日。番組開始当時20代だった我々スタッフも全員40代になりました。こんな歳のとり方も良いものです。DSC_3999

写真好きにはたまらない都電荒川線

今回はメインが動画撮影だったのですが、カメラ好きには最高の時間になるでしょう。モノクロにしたらそれっぽくなりました。インスタ映えも狙えます。 DSC_3921
社内での飲食は禁止なので「電車飲み」みたいなことはできませんが、絵画の展覧会をやったり、芝居をやったりと、オリジナリティある使い方もできそうです。 DSC_3917
いよいよ終点はバラの駅、三ノ輪橋に到着です。 DSC_4035
あー、貸切おわってもうた。 DSC_4053
人生で電車を貸切る日が来るとは思いませんでした。くっそ楽しいのでぜひやってみてください。 DSC_4072

繁忙期は貸切できないよ

巣鴨のとげぬき地蔵で縁日がある「4の日」と、繁忙期は貸しきれません。あしからず。 スクリーンショット 2019-01-17 17.58.21
今回はたった4人で乗りましたが、もっともっと沢山乗れるので、人数を集めれば一人あたりは安くなりますので、楽しい企画を考えて乗ってみましょう!子どももきっと大喜びですよ。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク