スポンサードリンク



カテゴリ:
こんにちは。無事に2棟目の決済が終わったたのっちです。

そんな決済の準備で追われていた中、ショッキングな情報が飛び込んできました。

静岡銀行のワイドローンが停止


スルガ銀行なき今、サラリーマンがフルローンで借りられる2大融資先の1つ、静岡銀行のワイドローンが融資を停止したというのです。

築古が出口を1つ失った

スクリーンショット 2019-06-29 12.31.51
静岡銀行のワイドローンは、金利は3%〜と高いものの、耐用年数オーバーの築古に長期融資してくれるとあって、「静銀目線の築古」なんてよく言われていたもの。

オリックス銀行が融資しない案件にもつけてくれるとあって、頼りになる存在でした。

物件シミュレーションで3.6%30年、なんて書いてあるのは静銀ありきの融資付けということです。

ぼのぼのさんのツイートの裏を取るべく色々と当たってみましたが、やはり静岡銀行のワイドローンは融資が止まったとのこと。

不動産業者の中には「出口戦略を根本から見直さないといけない」と言うところもあり、不動産投資の逆風がまた強くなってきました。

スルガショック、レオパレスショック、西武信金の暴力団融資、フラット35の不正利用と立て続けに不祥事が続き、金融庁もだいぶお怒りの様子。

静岡銀行のワイドローン停止も、そんな余波ではないか、と言われています。

物件価格の低下に期待

7356055bf51aa32f06105aed574d9f56_s
さあコレで困るのがぼのぼのさんが書いている通り、静岡銀行で顧客に融資をつけて、築古を売ろうとしていた不動産業者。そして築古を売ろうとしていた大家さんも、買える人が減ってしまって、指値(値引き)を受け入れなければいけなくなるケースも増えるでしょう。

築古全体が値下がりすれば、当然利回りは上がってきます。秋に消費税が上がり、来年はオリンピック景気が終わり、2022年の生産緑地問題を控え、不動産市場は買い場に向かうと思われますが、静岡銀行のワイドローン停止は、利回りアップを加速させるのではないでしょうか。

しばらくは自己資金を貯金するフェーズなのかもしれません。大家業をコツコツとやりつつ、僕はまた主戦場の株式相場に戻ろうと思います。

そしてサラリーマンが一番やれることといえば、本業を頑張って年収を上げること。会社のために一生懸命働きます!!株価上げるぞ!


=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク