スポンサードリンク



カテゴリ:
2010年10月1日に株式会社ライブドアに入社して、12年目に突入いたしました。

33歳の若武者が、気がつけば44歳。20代の頃に見ていた44歳って、もうゴリゴリのおじさんだったと思うのですが、いざ自分がなってみるとまったく貫禄ないんですよ。精神的にはまだ24歳くらいなのですが、管理職をやらなきゃいけないお年頃になってしまいました。

11年目で一番大きかったのは、LINEがソフトバンクに買われてZホールディングス入りしたこと。まさか自分が孫正義さんの兵隊になるとは夢にも思っていませんでした。

あ、でも、ワクチンの職域接種でソフトバンクグループの枠に入れてもらえたので感謝しております。携帯は死んでもソフトバンクにしないですけどね。

さて入社11年目は何をやっていたか振り返ってみますと、表に出せない新企画に全力投球するもポシャってみたり、ちゃんとマネジメントをしろと部下に総スカンを食ってみたり、大人って大変だなと思ったり思わなかったりしておりました。

昨夏から自分で取材して執筆することがリソース的に困難になり、現場を離れてみれば「何してるかわからない」と言われ、ミスを発見すれば煙たがられる。私もようやく美味しんぼの富井副部長の気持ちがわかるお年頃になったということなのでしょうか。

山岡ーーー!

それでも老害と呼ばれないように、攻めて攻めて、攻めまくっていこうと思っております。

翔んで埼玉はフィクションじゃなかった

攻めると言えば、プライベートでだいぶ攻めた出来事がありました。まず1つは、生まれてからずっと東京23区民だったのですが、息子の通学の関係で初めて埼玉県に引っ越しました。

東京まで歩いて15分くらいの「ギリ埼玉」という地域なのですが、それでも埼玉、驚くほど田舎です。普通に空き地があって草が生えてるし、車文化だし、UBER頼もうとしても、「配達員がいません」って出るんですよ!?

浅草と上野の真ん中くらいに住んでいたので、これは何よりのカルチャーショック。完全に東京に帰りたくなっております。今までいかに恵まれていたかを知りました。埼玉怖い。

都内に土地を購入 4棟目のアパートで新築にトライ

20210824_013045679_iOS
そしてもう一つ攻めました。新たに5800万円の借金を増やし、新築アパートを建てることに。これで、既存の借り入れと合わせて、借金が1億5000万円を超えました!(写真は4100万円で買った土地)。

新築アパートの完成はなんと来年夏。お家賃が入ってくるまではひたすら金利を払い続けるだけの借金マシーンです。新築ってこんなに時間かかるのかよ。

8割融資だったので、諸経費を入れると自己資金が2000万円ほど吹っ飛び、本当にスッカラカンです。株もだいぶ売りましたし、数年は半額シールの貼られたコロッケを食べて生き抜こうと思います。

しかも、連日の台風で江戸川区の物件が雨漏りして大規模修繕工事をすることに。5800万円借りたばかりなのに、360万円の見積もりが来て途方に暮れております。

明日朝から金融機関に借金の電話をまたするんだ…。

東京オリンピックまでに資産一億円、という目標を立ててやってまいりまして、無事に資産一億円は達成したのですが、そのほとんどが借入金でした。人生はレバレッジです。

ライブドアに入社したときには、まさか12年後に1億5000万円の借金を背負ってるなんて想像もしませんでしたね。ソフトバンクグループ入りもそうですが、人生何があるかわかりません。大家業、副業、本業のバランスで、人生100年時代を生き抜いて行こうと思っております。

ついに来る、ポッドキャストの時代

microphone-ga38d7f219_1920
さて最後に、今後のビジネスのお話をしておきましょう。私は元々ラジオの世界で生きてきまして、ありがたいことに今でもいくつか番組を持たせていただいております。そんな私ですが、ここ最近グッと増えたのが「ポッドキャスト番組制作」のお問い合わせ。

来る来ると言われながら10数年来なかったポッドキャストですが、欧米での大ブームとSpotifyさんの頑張りで、今度こそ本当に日本でも定着しそうな勢いです。

ここの所、感度の高い企業さんから、ポッドキャストを使ったプロモーションやレギュラー番組企画の相談をいただきます。地上波ですとまだ番組を持つには3ケタ万円のお金がかかりますが、ポッドキャストなら数十万円あれば全て出来てしまいます。

テレビからWEBへ広告費が流れたように、ラジオからポッドキャストに広告費が流れる日も遠くないのかも知れません。

ラジオディレクターやっててよかったーーー!

各企業の皆さん、チャンネル開設するなら今のうちです。僕も10年後はポッドキャスターとして生きていく未来が見えてきました。

ライブドア入社12年目もご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク