スポンサードリンク



カテゴリ:
こんにちは。火災保険見積もり中のたのっちです。

今月末に2軒目の軽量鉄骨アパートの決済があるのですが、決済をした瞬間から、その物件に火災保険をかけなければならないので、あちこちに見積もりを出して安いところを探しています。

築古物件の耐火性能がわからない

そんな中で困ったのが、この物件の耐火性能を書いてある書類がどこにもないこと。築古の物件だと建築概要書とか残ってなかったりするんですよね。

不動産屋に聞いても、「ちょっとわからないですね…」とか言ってるし。まいったな。

こういうときは考えるだけ時間の無駄、ということで保険屋さんにアタックです。

「(プルルル…ガチャ)あのすみません、軽量鉄骨アパート一棟に火災保険をお願いしたいのですが、耐火性能の書類がなくて、耐火区分がわからないんです」
スクリーンショット 2019-06-15 14.56.47
「大丈夫ですお客様、鉄骨造なら特に書類がなくてもT構造です」
「あ!そうなんですか!」

軽量鉄骨は「T構造」

よかったです。M構造(マンション構造)T構造(耐火構造)H構造(非耐火構造)のうちの真ん中、T構造なら保険料がH構造よりもお安くなります。

保険屋さんの見積もりサイトによっては、オンラインでも「T構造」って出てきました。こういうのってやってみないとわからないものですね。
スクリーンショット 2019-06-15 15.14.52
木造よりも耐用年数がちょっと少ない軽量鉄骨。木造ボロアパートよりは火事に強いので、火災保険の事を考えたら、割とありかもしれません。

軽量鉄骨アパートは「T構造」。覚えておきたいですね。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク