天皇皇后両陛下の即位祝賀パレード「祝賀御列の儀」に参加してきた



スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC_1930
雲ひとつない最高の秋晴れの中行われた天皇皇后両陛下の即位祝賀パレード「祝賀御列の儀」。

本来は即位の礼と同日の10月22日に行われる予定でしたが、台風19号の甚大な被害を鑑みて、2019年11月10日に延期されたのですが、これが大正解。

22日は朝から雨で、儀式の最中に雨が止み虹がかかったことは記憶に新しいですが、もし22日にやっていたら、雨の中沿道で多くの国民がずぶ濡れになったことでしょう。

さすが天皇陛下。持っていらっしゃる。



PayPayモールの20%還元が恐ろしくお得だったのでプロテイン買いだめた






カテゴリ:
スクリーンショット 2019-11-07 17.08.19
流行語大賞にもノミネートされた「○○ペイ」をリードするPayPay、どぶ板営業で使える個人商店が爆増するなか、「PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン」というネットショッピングでも最大20%還元というクレイジーなイベント開催中です。

どれくらいクレイジーかと言うと、PayPayを使うだけで10%還元、その他ソフバンユーザーだったりY!のプレミアム会員だったりすると20%還元になるという、そりゃソフトバンク赤字になるよね、というWeWorkも真っ青なキャンペーンなわけです。スクリーンショット 2019-11-09 20.25.16

濃厚!濃厚!超濃厚!!博多「一双」の豚骨ラーメンに九州男児の生き様を見た






カテゴリ:
R0001299
見てくださいこの泡立ったスープ。締めのラーメンがメインディッシュよりも濃厚という暴力的な博多の夜を過ごしています。まさに修羅の国。

博多うどんの最高峰「うどん平」が移転してリニューアルオープン!安定の美味しさに感動






カテゴリ:
R0001244
福岡に来ています。たのっちです。

福岡空港に降り立ち、いつも真っ先に向かうのが、あのタモリさんが愛した博多うどんの名店「うどん平」。これを食べに博多へ来ていると言っても過言ではありません。


ダイソンのバッテリーを取り替えたら新品同様に復活した件






DSC06795
ダイソンのハンディクリーナー「dyson V6 trigger」を長年使っているのですが、バッテリーの持続時間がだいぶ短くなってきまして、最近では5分くらいで止まってしまうようになってしまいました。

以前、ルンバも同じようなことになり、サードパーティのバッテリーに変えたら元気いっぱいになったので、ダイソンもバッテリー交換できるかなと調べたら、簡単にできるとのこと。早速アマゾンでポチったバッテリーが届いたので、交換していきますね。
DSC06798

純正より安いサードパーティで十分

購入したバッテリーはこちら。4000円で1年保証のあるやつにしました。

DSC06799
めっちゃ中国メーカーなんですが、日本人用だからカードも和風にしとけっていう発想が安易で好感が持てます。ひな祭りは年中やってないんですけどね。
DSC06801
いまや安心と信頼のメイド・イン・チャイナ。日本語がちゃんと合ってます。
DSC06800
取って付けたような充電ランプ付き。では取り付けに入りましょう。

ネジが固くて苦戦

DSC06797
バッテリー交換にはプラスのドライバーが1本必要です。
DSC06802
ハンドルの後ろ側に一箇所。

DSC06803
赤い取り付けレバーのしたに一箇所ネジがあります。
DSC06804
ハンドルのネジはすぐに回ったのですが、付け根のネジが硬い!精密ドライバーではびくともせず、ネジ穴を潰してしまいそうだったので止めました。
DSC06805
買っててよかった電動ドライバー。家具の組み立てには必需品ですが、こんなときにも役立ちます。
DSC06806
ぎょりんぎょりんぎょりん!回りました!固く締めすぎだろ…。
DSC06808
無事に交換完了。3分でできると思います。無事に充電ランプも点灯!

交換したバッテリーで家中を掃除します。ハイパワーモードで床から天井の換気口からタンスの溝まで、吸っても吸っても止まりません。V6純正のバッテリーは2100mAhで、交換したバッテリーは3000mAh。そりゃ持続時間伸びますよね。

ダイソンの最新モデルはV11。V6はもうだいぶ古いモデルですが、性能に不満はありません。マキタのハンディクリーナーの2倍くらい吸ってくれます。バッテリーの時間も伸びて、当分新しいダイソンを買うことはなさそうです(欲しいけど)。

ダイソンのバッテリーは簡単に交換できますので、ぜひ値段の安いサードパーティで選んでみてはいかがでしょうか。

さあ、掃除するぞ!



=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ

このページのトップヘ

見出し画像
×