元CoCoはねだえりかと東京フーディーズが共演した夜 秋葉原で起きた小さな奇跡



スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC_5128
2021年11月3日、東京・秋葉原にあるAKIBAカルチャーズ劇場で「1989年」をテーマにしたライブイベント『昭和アイドルアーカイブス スペシャル 2021』が開催されました。

どこにでもあるアイドルイベントと思いきや、この日のレジェンドゲストは1989年9月6日にデビューしたアイドルグループ「CoCo」のはねだえりか(当時は羽田惠理香)さん。

元CoCoのメンバーが出るだけでも驚きなのに、なんとこのイベントには、同じCoCoのメンバー、宮前真樹さんが芸術監督を務める「東京フーディーズ」というグループが出演しており、期せずしてCoCoの代理共演が実現してしまったのです。

90年代を代表するアイドルグループ「CoCo」

DSC_5376
CoCoとは、フジテレビ系バラエティ番組「パラダイスGoGo!!」から生まれたアイドルグループ。おニャン子クラブの第2段的立ち位置で、フジテレビが仕掛けた「乙女塾」の中から選抜されたメンバーで結成されました。

テレビ・ラジオに数多くのレギュラー番組を持ち、1992年には武道館公演を行うなど、アイドル冬の時代と言われた90年代前半を牽引。ソロ活動も含めると、アイドル雑誌の表紙が年に半分CoCoのメンバーということもありました。

1994年9月に解散して以来、一度も再結成されたことはなく、当時のファンもこの遠い約束はかなわない夢なのかと、はんぶん諦めていたところに小さな奇跡が起きたのです。

元メンバーと元メンバープロデュースのアイドルが共演

DSC_5193
イベントでは、淋しい熱帯魚(WINK)
DSC_5216
17歳(森高千里)など、1989年のヒット曲や、
DSC_5335
リトル☆デイト(ribbon)
DSC_5351
EQUALロマンス(CoCo)といった、1989年デビュー組の曲を、令和のアイドルがカバー。

そしてライブコーナーが一通り終わった終盤、はねだえりかさんが登場しました。
DSC_5387
筆者の私もはねださん、いや羽Pを生で見るのは1996年のクラブチッタ以来25年ぶり。小柄なはねださんがステージ中央にちょこんと座り、その周りを出演のアイドルが囲む形でトークが始まりました。
DSC_5431
現役アイドルの質問に答える形で、当時のアイドル話に花が咲きます。そしてしっかりと東京フーディーズからの質問にも答え、3人でクロストークしている姿にウルウルと来てしまいました。
DSC_5454
その2人は、宮前真樹さんたちがオーディションで選んだ2人ですよと。(東京フーディーズは3人組ですが、この日は2人での出演でした)

30分ほどでトークコーナーは終わり、イベントはエンディングへ。はねださんはCoCoの曲歌わないのか…と思っていたら、なんと、CoCoのコンサートでは定番だった、谷山浩子さんの『恋するニワトリ』を全員で歌うことに。
DSC_5528
なるほどそうきましたか!
DSC_5533
この曲のサビは「ココ コココ ココ ココ コココ 恋は恋は恋」という歌詞で、当時はラジオでもこの部分を使ったジングルなどがありました。
DSC_5520
CoCoの解散コンサートでも歌われたこの曲を2021年に聞けるとは…。感無量です。

何度でも言う「推しは推せるときに推せ」

DSC_5582
新型コロナウイルスの影響で、大打撃を受けたライブ・イベント業界。声を出しての応援はまだまだできそうにありませんが、生で見たコンサートの思い出は何年経っても色褪せないもの。

高校生の頃に聞いた「恋するニワトリ」。44歳の今でも体が覚えていました。

皆さんも「コロナで見られなくなるなら、無理してでも行っておけば良かった」と思うイベントがあったのではないでしょうか。

「推しは推せるときに推せ」

胸に刻んで生きていきましょう。

そしていつか億万長者になったら、僕は月には行かず「デビュー50周年!乙女塾祭り2039」を開催しようと誓った夜でした。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ



東京フーディーズとはねだえりかの共演の重さを説明するから聞いてくれ






カテゴリ:
目を疑うツイートが飛び込んできました。 羽田惠理香(はねだえりか)さん、というか羽Pと東京フーディーズが共演だと!?

CoCoのオリジナルメンバーとCoCoの教え子が共演

スクリーンショット 2021-10-16 18.16.39
東京フーディーズといえば、今年結成された「飲食応援アイドル」で、グループの芸術監督を、元CoCoの宮前真樹さんが務めています。
20211003_074910000_iOS
・コロナ禍で誕生した“飲食応援アイドル” 恋愛OKでもダイエット禁止の3人組が目指すもの - デイリー新潮
スクリーンショット 2021-10-16 18.21.58
つまりこれは、CoCoの代理共演なのです!
20211016_091542881_iOS
1994年の解散から27年。一度も再結成されることのなかったCoCoのメンバーが、こんな形で交わるとは…。芸能の神様ありがとう。

公式サイトによると、
1989年がデビュー年、乙女塾から誕生したグループ『CoCo』の元メンバー はねだえりかさんをレジェンドゲストとしてお迎えします! デビュー当時のお話を中心に、出演アイドルとのクロストークも予定しています。ご期待ください!!
とのこと。

ということは東京フーディーズとはねださんがステージでコンタクトすることもありそうじゃないですか…。まきぼー(宮前真樹さん)の教え子たちと羽Pが絡めば、どうやったってCoCoの話になるだろうし、ソロ曲だけじゃなくてCoCoのナンバーも歌ってくれるとしたら……。

これはとんでもないことですよ、90年代アイドルファンの皆さん!!

しかも、このイベントはスカパーで生中継されるとのこと。全国から見られちゃうじゃないですか!
なお、イベントの模様は、スカパー!プレミアムサービスCh.663「アイドル専門チャンネルPigoo」で生放送します。合わせて、よろしくお願いいたします!! (https://pigoo.jp/pigoohd/)

各スポーツ紙さんにオリコンさん、これは事件です。この重さをぜひ理解してください!
20211016_122840966_iOS
チケットは10月20日から予約開始。伝説の一日を見逃すことなかれ!

ライブドア入社12年目になりました






カテゴリ:
2010年10月1日に株式会社ライブドアに入社して、12年目に突入いたしました。

33歳の若武者が、気がつけば44歳。20代の頃に見ていた44歳って、もうゴリゴリのおじさんだったと思うのですが、いざ自分がなってみるとまったく貫禄ないんですよ。精神的にはまだ24歳くらいなのですが、管理職をやらなきゃいけないお年頃になってしまいました。

11年目で一番大きかったのは、LINEがソフトバンクに買われてZホールディングス入りしたこと。まさか自分が孫正義さんの兵隊になるとは夢にも思っていませんでした。

あ、でも、ワクチンの職域接種でソフトバンクグループの枠に入れてもらえたので感謝しております。携帯は死んでもソフトバンクにしないですけどね。

さて入社11年目は何をやっていたか振り返ってみますと、表に出せない新企画に全力投球するもポシャってみたり、ちゃんとマネジメントをしろと部下に総スカンを食ってみたり、大人って大変だなと思ったり思わなかったりしておりました。

昨夏から自分で取材して執筆することがリソース的に困難になり、現場を離れてみれば「何してるかわからない」と言われ、ミスを発見すれば煙たがられる。私もようやく美味しんぼの富井副部長の気持ちがわかるお年頃になったということなのでしょうか。

山岡ーーー!

それでも老害と呼ばれないように、攻めて攻めて、攻めまくっていこうと思っております。

翔んで埼玉はフィクションじゃなかった

攻めると言えば、プライベートでだいぶ攻めた出来事がありました。まず1つは、生まれてからずっと東京23区民だったのですが、息子の通学の関係で初めて埼玉県に引っ越しました。

東京まで歩いて15分くらいの「ギリ埼玉」という地域なのですが、それでも埼玉、驚くほど田舎です。普通に空き地があって草が生えてるし、車文化だし、UBER頼もうとしても、「配達員がいません」って出るんですよ!?

浅草と上野の真ん中くらいに住んでいたので、これは何よりのカルチャーショック。完全に東京に帰りたくなっております。今までいかに恵まれていたかを知りました。埼玉怖い。

都内に土地を購入 4棟目のアパートで新築にトライ

20210824_013045679_iOS
そしてもう一つ攻めました。新たに5800万円の借金を増やし、新築アパートを建てることに。これで、既存の借り入れと合わせて、借金が1億5000万円を超えました!(写真は4100万円で買った土地)。

新築アパートの完成はなんと来年夏。お家賃が入ってくるまではひたすら金利を払い続けるだけの借金マシーンです。新築ってこんなに時間かかるのかよ。

8割融資だったので、諸経費を入れると自己資金が2000万円ほど吹っ飛び、本当にスッカラカンです。株もだいぶ売りましたし、数年は半額シールの貼られたコロッケを食べて生き抜こうと思います。

しかも、連日の台風で江戸川区の物件が雨漏りして大規模修繕工事をすることに。5800万円借りたばかりなのに、360万円の見積もりが来て途方に暮れております。

明日朝から金融機関に借金の電話をまたするんだ…。

東京オリンピックまでに資産一億円、という目標を立ててやってまいりまして、無事に資産一億円は達成したのですが、そのほとんどが借入金でした。人生はレバレッジです。

ライブドアに入社したときには、まさか12年後に1億5000万円の借金を背負ってるなんて想像もしませんでしたね。ソフトバンクグループ入りもそうですが、人生何があるかわかりません。大家業、副業、本業のバランスで、人生100年時代を生き抜いて行こうと思っております。

ついに来る、ポッドキャストの時代

microphone-ga38d7f219_1920
さて最後に、今後のビジネスのお話をしておきましょう。私は元々ラジオの世界で生きてきまして、ありがたいことに今でもいくつか番組を持たせていただいております。そんな私ですが、ここ最近グッと増えたのが「ポッドキャスト番組制作」のお問い合わせ。

来る来ると言われながら10数年来なかったポッドキャストですが、欧米での大ブームとSpotifyさんの頑張りで、今度こそ本当に日本でも定着しそうな勢いです。

ここの所、感度の高い企業さんから、ポッドキャストを使ったプロモーションやレギュラー番組企画の相談をいただきます。地上波ですとまだ番組を持つには3ケタ万円のお金がかかりますが、ポッドキャストなら数十万円あれば全て出来てしまいます。

テレビからWEBへ広告費が流れたように、ラジオからポッドキャストに広告費が流れる日も遠くないのかも知れません。

ラジオディレクターやっててよかったーーー!

各企業の皆さん、チャンネル開設するなら今のうちです。僕も10年後はポッドキャスターとして生きていく未来が見えてきました。

ライブドア入社12年目もご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日






カテゴリ:
こんにちは。在宅勤務になり一年半、久しぶりに近所のサイゼへランチに行ってきました。

20210914_055956771_iOS
一人で入って席につくと、ビックリ仰天。目の前に4つのボックス席があったのですが、左から…

・ノートPCと向き合うビジネスマン(マスクなし)
・全部食べ終わって盛り上がる若い女性2人組(マスクなし)
・デザート食べながらずっと喋ってるマダム2人組(マスクなし)
・仕事の打ち合わせをしている男性2人組(マスク顎かけ、鼻口全開)


2019年の光景!

一瞬理解が追いつかないくらいの衝撃で、いま緊急事態宣言中だったよね、タイムリープした?と本気で思考が止まる感覚を味わいました。

自分を「マスク警察」だとは思ってはいませんが、何でしょうこの景色は。むしろマスクしている私が浮いているような状態。サンプル数4席なのでたまたまでしょ、って言われたらそうなんでしょうが(そうだと信じたい)、世の中こんなに緩んでるのか、怖くないのかと。

上野アメ横で、昼から飲んで盛り上がっている人をよく見かけるんですが、「まあ、アメ横だしな」くらいに思っていたんですよ、特殊な地域というか、お上に逆らってなんぼの闇市というか。

それが埼玉の地元の人しか来ないような昼のファミレスで、マスクしないでガンガン喋ってる。このマスク率がもしかして標準なの?私の「普通」って人とずれてる?と思い筆を執りました。

外食中の人はサンプルとして不適当?

22261384_m
「普通」とはなんぞと考えていると、一つの仮説が浮かびました。ファミレスでのランチは不要不急なので、感染拡大に気をつけてる人はそもそも来ない→非マスク率が高かったのではないかと。

ファミレスでもテイクアウト対応が当たり前になり、感染リスクを回避したい方はお店で食事をしないため、「外食くらい大丈夫でしょ」という人しかお店にいない、というのはありえます。

つまりこのファミレスでの「普通」は、「コロナ怖い!外食なんてもってのほか!」という人たちの「普通」とは大きく異なっている可能性が高そうで、「食べ終わったらマスクをしてから会話するのが新しい生活様式」と思っていた私の「普通」と、ノーマスクで楽しく会話をしていた皆さんとの「普通」も違っていたのかもしれません。

もちろん悪いのはファミレスではありませんし、マスク外して喋りまくっている人に囲まれて働かなくてはいけない店員さんは恐怖ですよね。

この「普通」の違いは一体どこからやってくるのでしょう。

ようやく第5波が落ち着いて来たというのに、これでは感染者一桁とか夢のまた夢。

外食産業の人から、経営が苦しいという話を聞いたばかりだったのですが、こんな客ばかりじゃもう怖くて当分ファミレスには近づけないですし、外食するなら一人客中心で誰も喋らないカウンターのラーメン屋くらいしか行けないですよ。

普段ニュースを皆さんにお届けする仕事をしていて、「自分の普通が普通と思うな」とか偉そうに語っていた私ですが、一歩東京を出ただけで改めて世の中の「普通」について考えさせられましたし、自分の身は自分で守るしかないんだな、と強く感じた次第です。

ルールを守れる人って、そんなに多くないんだなあ…。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ

全快まで約60時間 モデルナワクチン2回目の副反応がキツかった






カテゴリ:
ワクチンがまだ1回も打てない若者もたくさんいる中、2回目のモデルナワクチンを接種してまいりました。巷で騒がれている副反応ですが、

すみません、正直ナメてました。

熱は出るわ、頭痛はするわ、お腹痛いわ、天井と床がグルングルンして立てないわ、2日間使い物になりませんでしたので、一部始終をまとめておきたいと思います。


このページのトップヘ

見出し画像
×