月島「岸田屋」で美味しんぼ1巻に登場する「究極の煮込み」を味わい尽くす

グルメ
スポンサーリンク

東京下町の誇り、と言っても過言ではない名店。中央区月島「岸田屋」。おとなりの江東区で産湯をつかった私も、その名はよく耳にしておりました。

20150225_090447358_iOS

1985年(うお。30年前!)に発売された美味しんぼの1巻にも登場する、「究極の煮込み」が名物。

「超」が着くほどの有名店で、並ばないとなかなか入れないため、チャレンジする機会がありませんでしたが、ついに上陸してまいりました。

20150225_081808261_iOS


有楽町線の月島駅と、都営大江戸線の勝どき駅のちょうど真ん中辺りにお店はあります。この日は勝どき駅から向かいました。駅前の「かねます」は相変わらずこの人のせいで開店前から大行列です。
極上ウニをとろける生肉で巻いちゃう…! 勝どき「かねます」がやばすぎる-Blog @narumi」

20150225_071653789_iOS

そんな行列を横目に、月島方面へ。ここを左に曲がって…。

20150225_072531229_iOS

もんじゃストリートへ。

20150225_072704065_iOS

ウマそうですが、今日は煮込みを食べに来たのです。

20150225_072807400_iOS

時刻は午後4時。開店1時間前で待ちは2名ですね。

20150225_072747181_iOS

これが開店15分前になると…。こうなります。店舗をぐるりと囲んで側道です。

20150225_074417513_iOS

店内は26席なので、ここで1回転目に入れるかどうかが勝負の分かれ目。今回は20番目くらいに入れました。

20150225_081150000_iOS

女将の心遣いが嬉しい

店に入るとまず、「お待たせして本当にすみません」と一人ひとりに謝る女将さん。開店の5時ジャストにお店開けてるんですぜ。こっちは勝手に並んでるだけなのに。感動。

20150225_080338000_iOS

順番に注文を聞かれ、歴史の刻まれた店内を見回します。ああ、いいなあ。

20150225_083035000_iOS

天井には魚拓。煮魚もとても美味いんです。

20150225_080825000_iOS

まずはハイボール。チンカチンカでひゃっこい。

20150225_081103231_iOS

喉を潤しながら煮込みを待ちましょう。

岸田屋の煮込みは別次元

名物の煮込みキタ━(゚∀゚)━!

20150225_081847000_iOS

もつ煮って、小さい肉片をちまちまつついて味わうもの、という概念が覆されます。肉片がデカイんです。

20150225_081910000_iOS

ああ。幸せ。

20150225_081808261_iOS

肉豆腐もまさかの別次元

続いてもう一つの名物肉豆腐。豆腐が見えない量の肉。なんぞこれ。

20150225_083129515_iOS

豆腐はこちら。ネギもしゃっきしゃきでウマイことこの上ない。

20150225_083157329_iOS

辛子をつけて…たはっ!やべえぞ!

20150225_083323000_iOS

このへんで2杯めのレモンサワー。まあ、濃いことw。グラグラします。

20150225_084626000_iOS

ズワイガニの酢の物。カニたっぷりでもリーズナブル。

20150225_085534267_iOS

菜の花。うれしいねえ。

20150225_085709570_iOS

そして高級魚、キンメの煮付けです。

20150225_084224314_iOS

肉も魚もうまいって、どうすればいいのよ。650円よこれ。

20150225_084357000_iOS

メニューは壁一面にあります。まだまだ食べたいんですが、ボリュームあってお腹いっぱい!これだけ食べて3180円。そりゃ並ぶわ。

最後に一つだけ。岸田屋さんは昔ながらの「大衆酒場」です。タバコを吸いながらお酒を楽しむ場。

20150225_090246587_iOS

「分煙してないなんて意識低い」「タバコの人と一緒じゃ料理がまずくなる」なんて言っちゃう、IT系企業にお勤め的なオシャレさんは近寄らないでください。※ボク非喫煙者です。

粋じゃない、とかいて「無粋」です。ここは下町月島でぃ!べらぼうめ!

今年もよろしく美味しんぼ。

岸田屋
中央区月島3-15-12
TEL:03-3531-1974(予約不可)
営業時間 17:00~21:30(L.O)

タイトルとURLをコピーしました