スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC_5128
2021年11月3日、東京・秋葉原にあるAKIBAカルチャーズ劇場で「1989年」をテーマにしたライブイベント『昭和アイドルアーカイブス スペシャル 2021』が開催されました。

どこにでもあるアイドルイベントと思いきや、この日のレジェンドゲストは1989年9月6日にデビューしたアイドルグループ「CoCo」のはねだえりか(当時は羽田惠理香)さん。

元CoCoのメンバーが出るだけでも驚きなのに、なんとこのイベントには、同じCoCoのメンバー、宮前真樹さんが芸術監督を務める「東京フーディーズ」というグループが出演しており、期せずしてCoCoの代理共演が実現してしまったのです。

90年代を代表するアイドルグループ「CoCo」

DSC_5376
CoCoとは、フジテレビ系バラエティ番組「パラダイスGoGo!!」から生まれたアイドルグループ。おニャン子クラブの第2段的立ち位置で、フジテレビが仕掛けた「乙女塾」の中から選抜されたメンバーで結成されました。

テレビ・ラジオに数多くのレギュラー番組を持ち、1992年には武道館公演を行うなど、アイドル冬の時代と言われた90年代前半を牽引。ソロ活動も含めると、アイドル雑誌の表紙が年に半分CoCoのメンバーということもありました。

1994年9月に解散して以来、一度も再結成されたことはなく、当時のファンもこの遠い約束はかなわない夢なのかと、はんぶん諦めていたところに小さな奇跡が起きたのです。

元メンバーと元メンバープロデュースのアイドルが共演

DSC_5193
イベントでは、淋しい熱帯魚(WINK)
DSC_5216
17歳(森高千里)など、1989年のヒット曲や、
DSC_5335
リトル☆デイト(ribbon)
DSC_5351
EQUALロマンス(CoCo)といった、1989年デビュー組の曲を、令和のアイドルがカバー。

そしてライブコーナーが一通り終わった終盤、はねだえりかさんが登場しました。
DSC_5387
筆者の私もはねださん、いや羽Pを生で見るのは1996年のクラブチッタ以来25年ぶり。小柄なはねださんがステージ中央にちょこんと座り、その周りを出演のアイドルが囲む形でトークが始まりました。
DSC_5431
現役アイドルの質問に答える形で、当時のアイドル話に花が咲きます。そしてしっかりと東京フーディーズからの質問にも答え、3人でクロストークしている姿にウルウルと来てしまいました。
DSC_5454
その2人は、宮前真樹さんたちがオーディションで選んだ2人ですよと。(東京フーディーズは3人組ですが、この日は2人での出演でした)

30分ほどでトークコーナーは終わり、イベントはエンディングへ。はねださんはCoCoの曲歌わないのか…と思っていたら、なんと、CoCoのコンサートでは定番だった、谷山浩子さんの『恋するニワトリ』を全員で歌うことに。
DSC_5528
なるほどそうきましたか!
DSC_5533
この曲のサビは「ココ コココ ココ ココ コココ 恋は恋は恋」という歌詞で、当時はラジオでもこの部分を使ったジングルなどがありました。
DSC_5520
CoCoの解散コンサートでも歌われたこの曲を2021年に聞けるとは…。感無量です。

何度でも言う「推しは推せるときに推せ」

DSC_5582
新型コロナウイルスの影響で、大打撃を受けたライブ・イベント業界。声を出しての応援はまだまだできそうにありませんが、生で見たコンサートの思い出は何年経っても色褪せないもの。

高校生の頃に聞いた「恋するニワトリ」。44歳の今でも体が覚えていました。

皆さんも「コロナで見られなくなるなら、無理してでも行っておけば良かった」と思うイベントがあったのではないでしょうか。

「推しは推せるときに推せ」

胸に刻んで生きていきましょう。

そしていつか億万長者になったら、僕は月には行かず「デビュー50周年!乙女塾祭り2039」を開催しようと誓った夜でした。

=================================
著者をフォローしてみる→

プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク